サムライ日記

2018.09.30

東日本選抜大会

9月、新生サムライが初めて臨む上部大会、東日本選抜大会の支部予選がありました。事前の抽選の結果で、トーナメントの3試合勝ち上がりで上部大会進出が決まります。

16日初戦の相手は三鷹ボーイズさん。前半2点を先制するものの、試合の流れは途中までわからない展開に。そのまま終盤に進むかと思った5回にクリーンナップの連続スリーベースヒット、スクイズも決め、大技小技を絡め4点を追加し、後半も失点はなく6-0で勝利しました。

17日2回戦の相手は狛江ボーイズさん。この試合も打線はもう一つの出来ではありましたが、6回までに7点を積み上げ0-7のコールド勝ちとし、予選最終戦への切符を手にすることができました。

迎えた23日東日本選抜出場決定戦の相手は町田ボーイズさん。6回まで両チームスコアボードに0を並べる投手戦の展開に。最終回表、エラーも絡み一挙7失点。試合を決められたかと思ったところ、その裏サムライも猛攻を見せ5点を返し、尚も走者一三塁とするも力尽き3アウト…予選敗退となってしまいました。

この大会、打線の調子は上向きとはならず苦しい試合が続きました。打撃陣はこれから春の全国予選に向けて振って振って振ってもう一度立て直しです。がんばりましょう。

対戦頂いた三鷹ボーイズの皆様、狛江ボーイズの皆様、町田ボーイズの皆様、そして、サポート、応援の皆様、ありがとうございました。

勇往邁進!