サムライ日記

2020.12.13

『FOSEKIFT交流戦』 横浜緑ボーイズ戦

2020.11.23

『FOSEKIFT交流戦』 横浜緑ボーイズ戦

11月23日(月)、サムライボーイズは第3回FOSEKIFT交流戦に出場しました。

東京・神奈川・埼玉の強豪も参加している交流戦なので目標達成に向け力をつける大会にして欲しい。この日は、予選リーグ第2試合にて横浜緑ボーイズさん、第3試合にて浦和中央ボーイズさんと2試合対戦しました。

 

横浜緑ボーイズさんとの試合です。

先発バッテリーは、吉田‐宮元、サムライは、先攻、

1回表、1番松原のライト前ヒットで始まり3点を先制するが、その裏、吉田の立ち上がりを攻められ

3点を奪われ、シーソーゲームの展開。

3回表、3番立岡のライト前ヒット、4番伊藤のセンター前ヒットで1点を追加したが、3回裏にすぐさま同点に追いつかれた。

4回表、先頭の9番大沼が内野安打などで2点を取るが、4回裏にヒット、四球などで4点を献上し2点のリードを許してしまう。5回は、南雲が投げるが1点追加を許した。

今年のサムライは粘りがある。

6回表、代打新田がレフト前ヒット、1番松原の出塁後3番立岡、4番伊藤の連続タイムリーヒットで3点を取り返し同点とした。

6回裏からは立岡が3回を無失点に抑えた。更に2回の延長戦を戦ったが両チームとも一歩も譲らず決着がつかない展開。

延長2回のあと抽選となり、サムライボーイズの勝利となった。

 

この試合、選手たちはチーム一丸となり、粘り勝ちした。目標に向かってもっと力をつけて欲しい。

 

大会本部の皆様、対戦相手の横浜緑ボーイズの皆様、応援の皆様、サポートの皆様、

ありがとうございました。

 

勇往邁進!!

定員に達しましたので、応募は締め切らせて頂きました。