サムライ日記

2021.07.30

『第10回ウイルソンサマーカップ埼玉県大会』

7月25日(日)サムライボーイズは第10回ウイルソンサマーカップ埼玉県大会に出場した。

3回戦の相手は_坂戸ボーイズ

後攻め。先発バッテリーは、吉田-宮元のバッテリー

1回表、吉田の立ち上がり、大沼の好守備もあり、三者凡退、好スタート。

1回裏、坂田の二塁打と小山の本塁打で2点先取。

4回表、裏まで両チーム出塁出るも無得点。好ゲーム。

5回表、センター前ヒット、エラー、その後、ヒットで5失点。投手は立岡に交代、流れを止められず

2安打で2失点。

5回裏、関の3塁打、新村、坂田がヒットで続くも後が続かず1得点

7回表、ヒット2本と本塁打で3点追加される。

7回裏、坂田の本塁打で1点得点、大久保のエンタイトル2ベースヒット渡部の四球で出塁したが

後が続かず試合終了。

4対10で3回戦敗退した。

 

この試合、先取点取りながら、主導権を握れず、中押し点取れない流れで自らのエラーにより相手にビッグイニングを与えてしまった。その後、流れを引き戻せず敗退した。

守備では、緊張を切らさず、次のプレーを考え、慌てずプレーをすることが大事である。

打撃では、残塁が8個とチャンスを生かせてない。チャンスに打ち上げて簡単にアウトになっている。点数を取るには、場面によって長打と外野に抜ける速いゴロ(打球)も必要ではないか。

この試合小山、坂田の本塁打、関の3塁打、坂田、大久保が2塁打を打っている。

チームとして10安打打って4得点と効率が悪い得点力だった。

 

大会本部の皆様、対戦相手の坂戸ボ-イズさん、応援の皆様、サポートの皆様

ありがとうございました。

 

専心一意!!