サムライ日記

2021.02.27

東京都西支部 1年生大会決勝トーナメントAチーム準決勝

2月21日(日) サムライボーイズAチームは、
東村山中央ボーズBさんとの準決勝に挑みました。

相手チームは、サムライボーイズBチームに逆転勝ちで勝ち進んできた相手。

初回、サムライ先発の石井。立上り制球に苦しみ四死球でランナーを背負うも得点許さず。

2回表、サムライの攻撃、打者がしっかりとボールを見極め連続四球を選び、満塁のチャンスも一本が出ず無得点。

2回裏、相手の攻撃、2アウトからエラーとフォアボールで出したランナーをヒットで返され2点を先制を許す。

3回表、サムライの攻撃、先頭打者の1番北嶌がフォアボールを選び出塁するとすかさず盗塁を決めノーアウト2塁のチャンス。
2番森がショートフライに倒れるも、3番佐藤がレフト前、5番橋爪もセンター前にタイムリーを放ち2点を返し追撃モードへ。

4回裏、サムライ2番手、杉浦(朔)がマウンドへ。エラーと連続ヒットを許し追加点を許し苦しい展開。

5回表、サムライの攻撃、ヒット2本に抑えられてきたサムライ打線が目を覚ます。
先頭、PH春田のセンター前ヒットを皮切りに長短打6本のヒットと2つの四球を選び、
打者一巡の一挙8得点で試合をひっくり返す。

5回裏、相手の最終回、先頭打者を打ち取るもその後、連続ヒット、ダブルスチールと積極的な攻撃で
3点を奪われ2点差に迫られるも、杉浦(朔)が粘りをみせて後続を抑え試合終了。

序盤からリードを許す苦しい展開での集中打による逆転勝利は、選手達の自信に繋がったのではないでしょうか
”1年生大会 優勝”という大きな目標に向けて、あと1つ。万全の態勢で臨んでほしい。

大会本部の皆様、対戦チームの東村山中央ボーイズの皆様、応援の皆様、サポートの皆様、
ありがとうございました。
『勇往邁進!! 』